海里村上から徒歩5分のところにある、湯の元港から船に乗って出発し、海の上でサンセットを見るツアーです。
 
壱岐島近くに浮かぶ小さな島々や真珠貝の養殖場も近くでみることができます。途中、船長が『8本の柱』の一つ、【手長島の柱】に案内してくれました。
『8本の柱』とは、壱岐に伝わる伝説です。
日本神話の中の一つ、国生み神話の中に壱岐は登場します。伊邪那岐(イザナギノミコト)と伊邪那美神(イザナミノコト)様は、結婚した後、大八島と言われる今の日本を生みました。5番目に生まれた壱岐島は、 生まれたばかりの頃はあっちこっちに動く【生き島】でした。
そのため、神様が流されてしまわないようにと8本の柱を立てて繋ぎました。その柱は折れ残り、岩となって折柱として残ったとされています。
海の上からは空と海と太陽が重なる感動と、自然と神々の世界に思いを馳せていました。
 
壱岐は、日本の歴史を語る上で重要な場所です。サンセットクルーズを通じて壱岐の歴史や伝説を体験してみてはいかがでしょうか。
 
ツアー参加にご希望の方は、宿までお気軽にお問い合わせください。