住吉神社は、700年つづく国指定重要無形民俗文化財の伝統神事“壱岐大大神楽”が奉納される、由緒ある神社です。
平安から室町時代の貴重な文化財が多く保存されており、境内の神池からは貴重な神鏡17面が発見されています。

境内にある2つの幹に分かれた夫婦楠は、夫婦円満の象徴として親しまれています。
夫婦楠の周りを男性は左回り、女性は右回りに1周すると良縁に恵まれると伝えられています。