浜から見えるイカ釣り船の漁火は、壱岐の風物詩のひとつ。
漁火は夜、魚を集めるために海面に掲げるかがり火のことで、壱岐島内ではいたるところで見ることができます。

勝本港は西日本最大のイカの水揚港で、春から夏はケンサキイカ、秋はミズイカ、冬はスルメイカと種類豊富なイカが漁れます。