ホンモノを追求した食事

海里村上では、会席料理と鉄板焼きをご提供しており、全てにおいて“ ホンモノ ”を追求しております。

食材を厳選し、素材の旨みを見極め、いかに天然の味を際立たせられるか…。本日もお一人お一人にご堪能いただける料理づくりに挑戦し続けております。

また、雲丹の時期(4月-9月)はアワビに雲丹をたっぷり乗せて、炭火でじっくり焼きあげた当館の逸品「海里焼き」をお楽しみいただけます。海里鍋 同様、地酒との相性も最高です。

追加料金:お一人様8,000-15,000円(時価)

冬のごちそう「海里鍋」が新登場

冬のごちそう「海里鍋」が新登場

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

体の芯から温まるお鍋が美味しい季節がやってきました。
この冬、ぜひ皆様にお召し上がりいただきたい、とびきり美味しい冬のごちそう「海里鍋」をご紹介致します。
冬の味覚の王様「とら河豚(フグ)」、脂が乗った幻の高級魚「九絵(クエ)」、さらにミルキーで濃厚な味わいの「牡蠣(カキ)」といった海の幸をたっぷり詰め込んだ、今しか味わえないお鍋をご用意致しました。
さらにさらに、これを食べずして帰れない!壱岐の最高級和牛ブランド、壱岐牛のしゃぶしゃぶも登場します!

<食材に併せたお出汁でお楽しみ下さい>
ぷりぷりのとら河豚はあっさり旨い鰹出汁
程よく脂の乗ったクエはマイルドな味わいの豆乳出汁
旨味が濃厚な牡蠣は壱岐の味噌で仕立てた特製出汁
美しいサシが入った壱岐牛はしゃぶしゃぶ仕立て

期間:1/10-3/31
料金:2食付きスタンダードプランと同料金でお申し込みいただけます。
※2名様より承ります。

当館自慢の旬の選りすぐり

当館自慢の旬の選りすぐり

濃厚な味わいの雲丹(4月-9月)、身の引き締まった天然アワビ(1月-9月・12月)、幻のイカ壱岐剣(1月-10月)、島内一貫生産で育てられた高級和牛、壱岐牛、言わずと知れた麦焼酎など、島の特長を生かした生産方法で作られた、都内でもなかなか味わえない食材が揃います。

<壱岐の旬食材カレンダー>

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

お客様の声

​ ​

部屋の露天風呂にお湯が張ってない理由

ずっと行きたかった壱岐島。そしてこちらのお宿。
部屋の露天風呂にお湯が張ってない理由も直ぐにわかりました。
68度の源泉熱いお湯が出るからです。薄めて無い高濃度のままと言うこと。
入る前にためて冷ましてからまた熱い源泉を入れるとそのままの温泉濃度で入ることが出来ます。それは大浴場も同じでした。
入る時間帯で源泉が出ている時はとにかく熱い冷め始めた時間はちょうど良い。なので部屋と大浴場とで何回も浸かりました。金泉でも壱岐のお湯は本当に最高でした。
スタッフの方々も皆様あたたかく、優しい。時折方言が感じられるところも良かったです。

2泊 K様

料理や雰囲気を楽しみにまた行きたい

2泊3日の壱岐滞在でしたが、とても良い旅になりました。
海里村上さんに宿泊して良かったと思っています。スタッフの方々が、お客様に向き合っていい気持ちになってもらおうとされている感じが伝わってきました。
部屋は昔2部屋だったものを広い部屋にリノベートされていましたが、広くて綺麗でした。部屋付きの露天風呂は少し小さいですが、温度調整もしやすく、外の視線が気になればブラインドもおろせて、いろいろ配慮されています。
洗面、トイレも2セットあり、便利に使えます。タオル類も豊富でストレスなし。作務衣も大小サイズがあって快適。
夕食前のスパークリングワインも嬉しい。そして、何より食事が本当に素晴らしかった。
懐石と鉄板焼きのディナーをいただきましたが一つひとつ味わいがあって本当に満足です。少し、今後の課題として気になることは、部屋の冷蔵庫の中のアルコールがもう少し充実していると嬉しいです(同じようなレベルの鳴門のリッジや湯田温泉の古希庵はシャンペンやワインなどもあったように思います)。
レストランの飲料の値段が少し高めかな?でも、ソムリエのOさんの提案されたワインや壱岐の麦焼酎のチョイスはどれもとても美味しかったです。 壱岐の観光名所は十分見ることができましたが、海里村上の料理や雰囲気を楽しみにまた行きたいと感じました。

2泊 M様

8か月の孫と楽しめるよう様々な配慮

コロナのことで孫とはずっとWeb上だけで会っていたのですが、二家族でジュニアスイートに宿泊しました。
寝室は別に畳のリビングがあり、角部屋でしたので、海が見渡せました。
部屋付きの半露天風呂はどの部屋からも見えない位置でゆっくりと入ることができました。
温泉は70℃位で食塩、鉄成分が強く、湯を介する感染の心配が低く、この地を選んでよかったと思います。
コンタクト液を忘れてしまったのですが、なんと、フロントでハード・ソフト共有の溶液を備えてくださっていました。(これには驚きと感激です)DVDを付けてくださったことも感激でした。
ウニコースの食事を堪能しましたが、その時も8か月の孫と楽しめるよう様々な配慮をしてくださいました。

2泊 U様

母の傘寿のお祝いで訪れた海里村上

母の傘寿のお祝いで訪れた海里村上さんは、また行きたい数少ないお宿になりました。
バルコニーに設置された源泉掛け流しの露天風呂、美味しい食事(海鮮茶碗蒸しと玉蜀黍スープは絶品)、ロビーや客室からの見事な眺望は感動的でした。
また、いつでも飲める室内のミニウォーターサーバーの設置は有難いサービスだと感じました。
一方、館内や客室に生花や植物が見当たらなかったのがやや殺風景でした。
ネットで紹介のあった数種類の自家製果実酒を試飲できなかったのもちょっと残念かな。
港からの送迎サービス有難うございました!

1泊 I様

献立

会席料理

鉄板焼

会席料理

鉄板焼

会席料理

会席料理

玄海灘で取れた海の幸。壱岐を代表する壱岐牛。季節ごとに収穫される野菜を、郷土料理として今ある物や、これから新しいとされる事を海里村上風の会席料理としてご提供いたします。
中国料理や西欧料理が日本化した宴会料理の一種である長崎県の郷土料理「卓袱料理」を海里村上風に。

previous arrow
next arrow
Slider

食材本来の味を最大限に生かした会席料理は、四季の味わいと壱岐の恵を思う存分お楽しみいただけます。なかでも、きめ細やかな霜降りの壱岐牛のすき焼き、磯の香りと風味が口いっぱいに広がる鮑は絶品です。時間とともに移り変わる「湯ノ本湾」の景色と共にご堪能ください。

※節や日によって献立は日々変わります。

鉄板焼き

鉄板焼き

「玄」和食レストラン内に併設された鉄板焼きダイニング。
壱岐の豊かな海と大地で育った壱岐産食材をふんだんに使用し、目の前で調理して提供するコース仕立てです。
壱岐牛をはじめ高級魚のクエや黒鮑、伊勢海老など季節の壱岐の贅沢な食材を堪能できます。
鉄板焼きは2泊以上滞在のお客様限定で、ご提供しております。

previous arrow
next arrow
Slider

赤身が残るミディアムレアに焼き上げられた壱岐牛のシャトーブリアンは、噛むほどに上質な脂の甘味と濃厚な肉の旨味を感じられます。締めくくりに登場する料理長渾身のカタラーナは人生を変える美味しさです。

※節や日によって献立は日々変わります。

日本の良さを再発見するお酒

日本の良さを再発見するお酒

ここ海里村上では、日本の歴史を感じていただき、日本の良さを再発見していただきたいという思いから、日本にこだわっております。
遠い昔から、壱岐は大陸からヒト、モノ、コトが伝わり、日本全国で洗練されたヒト、モノ、コトが、またここ壱岐を通じて世界中に輸出され伝わりました。
お酒(飲み物)を通じてそんな歴史に思いをはせながら一杯楽しんでいただきたいという思いがあります。

壱岐は麦焼酎発祥の地で、7つの蔵が現存しており、各蔵の焼酎の中から料理にあうものを取り揃えております。守り継がれた焼酎を壱岐食材の会席料理とペアリングで召し上がっていただくのもおすすめです。

previous arrow
next arrow
Slider

朝食

朝食

朝食は季節の焼き魚、煮物、卵料理などの和定食をお仕度します。たっぷりと60分ほどかけて、お召し上がりいただくのが、海里村上流の朝食です。炊き立てご飯とともに、旅館らしい一日の始まりをどうぞ。

目覚めの一杯に、壱岐の野菜や果樹をそのまま食べているような気分になれる鮮度抜群の“フレッシュジュース”をご用意しております。

previous arrow
next arrow
Slider

人気メニューは揚げたての鮑の天ぷら。目の前であげたサクサクの天ぷらに、壱岐塩を付けてお召し上がりください。

※節や日によって献立は日々変わります。

ランチ

ランチ

ご昼食は、宿泊者以外の方でもご利用いただけますので、お気軽にお問い合わせください。
営業時間:11:30~14:00(L.O. 13:00)

previous arrow
next arrow
Slider

新鮮なお刺身がたっぷり盛られた海鮮丼、濃厚な鶏のお出汁が楽しめるうどん、じゅわっと溢れる肉汁がたまらないハンバーグが人気。ランチタイムしか味わえない限定メニューをお楽しみ下さい。

※節や日によって献立は日々変わります。