SDGs勉強会実施。壱岐の海里でしかできない「コト」「モノ」を提供。

壱岐市から特別講師で松井様をお迎えして、SDGsについて社内勉強会を実施しました。海里村上では、壱岐にある海里でしか提供することが出来ない「コト」「モノ」「ヒト」を沢山作りだし「唯一無二の旅館」=「ディスティネーション旅館」=「九州一のホテル旅館」をめざし、昨年の8月から取り組んできました。 SDGs17の目標のうち、会社としてはもちろんですが、各個人や部門でもそれぞれの目標をもち、取り組んでいます。 会社としてのとりくみは、目標#2飢餓、#3健康と福祉、#4教育に取り組んでいます。実際にしていることは、待遇改善、有給休暇取得、そして、今回の勉強会など。そのほか、地域貢献として、イベント参加、協賛、手伝い、共存として地元採用、湯ノ本業者・町民と一緒の活動、地元のオリジナルアクティビティ、壱岐産食材、自家製酒、エコ化も紙ストローをいち早く導入したり、自動車は電気自動車を導入しました。 また、従業員個人個人も、目標設定をして取り組んでいます。「誰一人取り残さない-No one will be left behind」の理念のもと これからその他の目標も含めて、一致団結して取り組んでまいります。